momomomchiのANAマイルと旅行日記

momomomchiのANAマイルと旅行日記

旅行を楽しながらSFC修行やANAマイルの貯め方、旅行日記を書いていきます

シンガポール⑨:マリーナベイサンズカジノでシックボー

 ぶらぶらした後は待望のカジノにいきます。まぁ、素人なのでただただシンガポールにきたらカジノにいかねばってだけで、儲けようなんて思ってません。勝てたら最高けどね。
 f:id:momomomchi:20170119183038j:plain
 中はデジカメや携帯電話などでの撮影は禁止されていますので、勇気を振り絞って写真とるなんてできません!よって、写真はこちらだけです。。。
 

カジノの基本情報

カジノは4フロアあります
 マリーナベイサンズホテルのカジノは、4つのフロアがありますが、3階と4階は高額プレーヤー専用のフロアですので、なかなかいけません、いってみたいとは思いますが、本当にみるだけでいってみたいなぁ・・・普通に利用するのは1階(喫煙OK)と2階(禁煙)です。

遊べるゲームがたくさん
 カジノで遊べるゲームは、基本、ルーレットやポーカーなどのテーブルゲームと高額当選の可能性があるジャックポットを備えたスロットなど、幅広い!特にジャックポットでは数百万円などの高額が当たる可能性もあるみたいで、夢が広がりますね~しかし、もももちたちはテーブルでではなくゲーセンにもよくある円卓のゲーム機みたいなシックボーゲームしか遊びません!笑! このシックボーができるのは写真の入り口から右奥にあります。たくさんのスロット機の中に何個か円卓のゲーム機がぽつぽつっと、いつもこのゲーム機のところへ直行します!写真がほしいなぁぁ。。。。

シックボーとは

f:id:momomomchi:20170119190841j:plain
『シックボー』とは別名「タイサイ」または「大小」と呼ばれていて、3個のサイコロの出目を予想し、大または小にかけて、その他いろいろ掛け率をアップするオプションみたいのを注文するだけでした。とてもシンプルです。かっといってスロットみたいにボタンを押すだけでつまらなくならない!ゲームで使用するサイコロは初めから密封された容器の中に入っているから、手で触わるのができなく、ゲームを行う際は中のサイコロが機械によってシャッフルされますので、フェアなゲームであります。

もももちたちはこの日もこのゲーム機に直行します。。大、小と賭けて当てるだけなので、意外と何も考えずでも10ドルからスタートし最高75ドルまで勝てました。。笑! そこでやめればよかったのですが、面白くて、ついついのめりこんじゃうので、すべて散財して帰ります。こういうところは、遊ぶ額を決め、終わったらそこではい、さようならにしないと痛い目に遭いますよ!勝ったら別ですが。。我ながらキャンブルでは勝たない運命でしょうね~今までの人生において勝負の際勝つことが少ないので。

カジノでの守るべき禁止事項

シンガポールのカジノでは、21歳以上の方のみ入場できます。マリーナベイサンズホテルのカジノではドレスコードがあります。そこまで厳しくはないですが、袖のないタンクトップやノースリーブシャツ、短パンやサンダルなどはNGです。もももちはノースリーブオールインワンだが、カーディガン羽織ってましたので特になにもいわれなかった。しかし、入場時に係員にチェックされ、入場拒否される場合があるので注意を。飲食物の持ち込みも禁止ですがカジノ内には、無料のソフトドリンクが飲めます(とにかく甘い!)ペットボトルの水も貰えます。レストラン(もももちたちが遊んだシックボーのゲームの近く)もカジノ内に併設してあるため、お腹が空いたらそこで食べられます!

シンガポールのカジノは二箇所があり、一つはマリーナベイサンズホテルにあり、もう一つはセントーサ島にあります。まぁ、観光でいくなら、一度は足を運んだほうが楽しいと思います。。。シックスボーを経験すべき!^^ 余談ですが、初めてカジノ行ったとき、スロットの遊び方を年配のスタッフが親切教えてくれたから顔を覚えられたのか、しばらくスロットで飽きてテーブルゲームで遊んでたもももちをみつけて、「あなたはここにいちゃだめだ」といわれ、スロットエリアーに連れ戻されたことがあります、「こっち飽きたなら、違うスロットケームにしな、あっちいたらお金すぐなくなっちゃうよ」っと親切にいってくれました。。。。。笑えました。負けたけどすべて含め、楽しかったなぁ・・・・・・

ただ、写真取れないのは残念です、その広大のギャンブルのエリアーに身を置く自分の写真をせめて一枚はほしかったなぁ、映画のワンシーンみたいな。。。こう思うのはもももちだけでしょうか。。共感する人がいたらうれしい!^^

©2017 momomomchi