読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momomomchiのANAマイルと旅行日記

旅行を楽しながらSFC修行やANAマイルの貯め方、旅行日記を書いていきます

ハワイ④:ダイヤモンドヘッドへの行き方

201702ハワイ

ハワイに行ったらワイキキビーチをダイヤモンドヘッド!ということで、一日だけ休みをとってハワイ観光らしいことをしてみました、といっても一人なので、ビーチで遊ぶのは何かと心細いのダイヤモンドヘッドを登り行きます。

ダイヤモンドヘッド - Wikipedia

タクシー:

 ヒルトンビレッジからタクシーにのって行く方法は一番早くて、間違いないと思います、時間のない方にはおすすめです。

 ヒルトンビレッジから約10分?ほどで登山口まで行けて、費用はチップ込みで約21ドル。登山口の方にバスの待ち合い場所みたいのがあります、もももちが行った日、タクシー3台ほど客待ちをしてました。人気の観光地にタクシーの乗車率が高いので、常にあるのではないかと思います、料金のことさえ気にしなければタクシーで帰ることも心配ないと思います。もし心配でしたら行きのタクシーの運転手にお願いして1時間半後もう一度ピックアップしにきてもらうことも可能ですので、言ってみてください。

THE BUS:

クヒオ通りならほとんどのバスから乗車出来ます。ダイヤモンドヘッドへは23番のバスになります。

また、2番(23番より本数が多い)のバスもダイヤモンドヘッド行きですが、手前のKCCという所が終点なので、ダイヤモンドヘッドの最寄りのバス停までやく3分ほど歩かなければなりません。ついでにあたりの景色を見ることも出来ますが登山と合わせて体力使います。

料金は往復で約5ドルほどでタクシーより安い!

こんな感じのバスですが、スクリーンに23番や2番で表されるバスに乗車してください。

f:id:momomomchi:20170219104838p:plain

トロリー:

waikikitrolley.com

 ワイキキトロリーはダイヤモンド・ヘッド、高級住宅街のカハラを抜け、ハナウマ湾、シーライフパークまで行くブルーライン、ダウンタウンやチャイナタウンを走るレッドライン、ワイキキとアラモアナ・ショッピング・センターを走るピンクライン、とワイキキ、ダイアモンドヘッド、カハラモールを走るグリーンラインがあります、ダイアモンドヘッドのクレーター内部にも停車しますので、ダイヤモンドヘッド行きはグリーンラインを利用します。

 事前にインターネッドで予約出来ます。一日乗り放題で25ドルで、ダイヤモンドヘッドだけではなく、いろんなところを回れてるので便利です、とりあえず一周してからまたゆっくり下車して見て回ることも出来ますし、トロリーでしか楽しめない風景があると思いますので、おすすめです。

f:id:momomomchi:20170219112211p:plain

f:id:momomomchi:20170219113022p:plain

ちなみに、2019年の3月31日までJCBカードを見せるだけでピンクラインの乗車賃が無料になります!シンガポールの時もそうだったが、海外ではJCBカードをもってるだけでなにかと便利がことが多い気がします。

ツアー:

現地でもハワイに行く前でも各ツアー会社(HIS/JTBなど)のダイヤモンドヘッドの登山ツアーがあります!大変スムーズに物事が運ぶので、何も考えずにただダイヤモンドヘッド登山を楽しみたい方にはいいと思います。

ダイヤモンドヘッド登頂 | ハワイの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

 

最後に、JTBのORIORIトロリーやHISのLEALEAトロリーなど各ツアー会社で旅行を申し込みした場合、利用出来るトロリーがあります。ワイキキトロリーみたいに島を回る各路線も有りますし、運賃はすべて無料なので滞在中の移動は本当に楽!!初回のハワイはこういったツアー会社で申し込みした方がいい気がします。

もももちはチェックイン時もらった乗車券がありましたので、 この日はまずJTBのORIORIトロリーでダイヤモンドヘッドへ向かうことにしました。

f:id:momomomchi:20170219115804p:plain

ORIORIトロリー♡

©2017 momomomchi