読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momomomchiのANAマイルと旅行日記

旅行を楽しながらSFC修行やANAマイルの貯め方、旅行日記を書いていきます

中国雲南省①:中国の雲南麗江に憧れて~

201703中国雲南省

f:id:momomomchi:20170414223541p:plain

中国の中の雲南省の位置と雲南省の中の麗江です。

この度、旅行に行こうとしたのは中国の雲南省にある麗江市の中の麗江古城と大理というところです。軽く説明します。

日本では中国の世界遺産といえば九寨溝だというほど九寨溝が広く知られていますが、中国の中では雲南省の麗江と大理がすごい人気があり、名前からしてロマンが溢れるみたいで憧れていかれる方が多いそうです。もももちが前々から行きたかった麗江にある麗江古城も世界遺産に登録されており、諸事情でなかなか行くことがありませんでしたが、中国国内ではメジャーな旅先です。今回は現地の友人の誘いがあり、タイミングよく上海にいけるので二つ返事でOKしました。楽しみでしょうがなかったですが、出発から波乱万丈が終わらなくて、ちょっと大変な旅になりました。

f:id:momomomchi:20170414215802p:plain

上海から飛行機で3時間半かかる所です。日本~上海までと同じぐらいのお時間ですね。遠い!さすが中国!広いですね!

f:id:momomomchi:20170414221748p:plain

目的地の一つ目は麗江古城。世界遺産に登録されており、かつて少数民族のナシ族の王都でした。雲南省は現在もナシ族の人々が多く居住しています。ナシ族のほかにリス族、プミ族、ペー族、イ族が居住し、漢族より少数民族人口の多い地域ですので、景色だけではなく「少数民族」という未知なる世界的な何かに憧れて旅行に訪れるのではないかと。。まぁ、勝手に少数民族という言葉に「なんかいいね」という気持ちを覚えたもももちですが~

f:id:momomomchi:20170414223827p:plain

二つ目は玉龍雪山(ぎょくりゅうせつざん)という雲南省麗江市玉龍納西族自治県にある標高4506mの高山です。景色がすばらしかったが、下部駅の標高3356メートルからの標高 4,506 メートルまで乗って行ったロープウェイが大変怖かったです、もう二度と乗りたくないーー

f:id:momomomchi:20170414224535p:plain

三つ目は大理というところ。サービスエリアが面白かったので後日紹介したいと思います。この地図上にある青い湖が最終目的地になります。

f:id:momomomchi:20170414224753p:plain

洱海(じかい/アルハイ)という湖。ネット上にアップされてる沢山の写真はこちら:

f:id:momomomchi:20170414224916p:plain

息ができないほど美しい!美しいですよね!美しすぎて到着までの間ずっとうきうきワクワクしてましたが、、が、、、が、、、、

う~ん。涙出る。まぁ、玉龍雪山が一番よかったかなぁ。

------------------------------------

もう一つの波乱万丈(涙):実は、無事上海についたものの、翌日、一緒に旅行に行く予定の現地駐在員の友人から「雲南省から上海に帰る日の飛行機が午前の8時の便から午後12時の便に変更された」っと連絡が来ちゃいました。「えぇぇぇぇぇぇぇ。。(この「え」を山の奥まで伸ばしたい気分)もう行く直前ですよね、こんなのあり?と言っても中国にはよくあることみたいで、しかももうそのスケジュールしかありません!行くしかない!!

でも、もももちはね、其の日の夕方5時に日本に帰る予定なのよ、17時に飛行機に乗らなければならないんですよ(涙)、当初は12時ぐらいに上海に着く予定なので、17時までには余裕がありまぐりでした!変更された12時の便ですと16時弱に上海に着くのでいくら頑張っても間に合いません。もう諦めて便の変更を御願いするしかないと思い、ANAに電話をしたら、「払い戻し不可のチケットでして、キャンセルは可能ですが、返金はありません」っと言われ。。。。「まぁぁ。。チケット安かったもんね。。まぁ。。」脳内空白。。。

しばらく唖然した後、その日の翌日の一番早い便で帰るしかないと思い、その場で再度チケットを取り直したという件、結構心刺されました、こう、グサっと刺されました。涙。

こういうのは、どう気をつけたらいいでしょうかね。

「払い戻し不可のチケットを買うのやめましょう」とか??笑、自分が悪いのでそんなこといいませんが。笑。

©2017 momomomchi