momomomchiのANAマイルと旅行日記

momomomchiのANAマイルと旅行日記

旅行を楽しながらSFC修行やANAマイルの貯め方、旅行日記を書いていきます

札幌⑦モエレ沼公園〜ガラスのピラミッド〜

f:id:momomomchi:20170607174621p:plain

ガラスのピラミッドには、レストラン、公園事務所、休憩所、彫刻展示室、お土産ショップ、イサム・ノグチギャラリーなどなどが入っており、モエレ沼公園の文化活動の拠点となる施設です。

f:id:momomomchi:20170607174920p:plain

1Fのフロア図はこちら。レストラン、公園事務所、休憩所、彫刻展示室、お土産ショップなど主に1Fにありました。

f:id:momomomchi:20170607175152p:plain

レストラン L’enfant qui rêve(ランファン・キ・レーヴ)

フレンチ料理のレストラン、公園にあるなんて本当に珍しい!

地元で採れた新鮮な素材を使って料理をされるそうです、名称はフランス語で「夢見る子ども」という意味らしい、純粋さを感じられてとてもこの公園にふさわしいと思いました^^レストランから違う角度で公園の景色を楽しめるので、ディナーもとても人気みたいです、確かに、ここでディナーをしてみたいなぁ~

レストラン L’enfant qui rêve(ランファン・キ・レーヴ)の隣にテイクアウトショップがあり、アイスクリーム、弁当やパンなどの軽食を購入できます。せっかくなので、もももちたちは外の芝生でピクニックの気分を味わいに弁当やパンを買って、一旦芝生でお昼を済ませました。

f:id:momomomchi:20170607180840p:plain

美味しかったと記憶しておりますが、何のパンは忘れてしまいました。ーー

小分けされていて食べやすくて子供たちは喜ぶと思います。^^なにより、ぽかぽかして、青空の下で、美味しいものを食べれて、あぁ幸せだなぁ~と感じたこと。

ここは、素晴らしい所。

f:id:momomomchi:20170607181309j:plain

ガラスのピラミッド“HIDAMARI”ショップ

小さいスペースでしたが、モエレ沼公園のオリジナルグッズやイサム・ノグチの関連書籍、照明器具AKARIだけではなく、Tシャツやバッグもありました。かわいいデザインのものがいっぱいありました。

そして、ガラスのピラミットに一番広い場所のアトリウム、ほどよい太陽の光が差し込み、ゆったりすごせる休憩のスペースとなっています。1Fと2Fにアトリウム1とアトリウム2があり、週末にはイベントが開催されるなど、文化活動の場としても利用されているそうです。

f:id:momomomchi:20170607183621p:plain

そして、2Fのアトリウム2とは別のスペースがあり、モエレの一年展をやっていました。季節ごとに撮られた写真はどれも生き生きとした、楽しそうに遊ぶ人々の姿を映っていました。

春、夏、秋、冬っと季節ごとに違う顔を見せてくれる、人々を楽しませてくれるモエレ沼公園を公園で呼ぶのはなんだか申し訳なく感じてくる。ここはもももちが認識している「公園」をはるかに超えた存在です。一瞬、ここで生まれた育った子が東京の公園をみたらがっがりしないか心配になります。笑。

f:id:momomomchi:20170607185252p:plain

イサム・ノグチギャラリー

ガラスのピラミットの3Fにありました。

イサム・ノグチ関連書籍の閲覧、映像を観賞することができます。

営業時間:9:00-17:00

もももちは今までイサム・ノグチについて何一つ知りませんでしたが、モエレ沼公園にきて、「人間が傷つけた土地をアートで再生する。それは僕の仕事です。」といった彼が作ったこの素晴らしい場所をみて、本当に素敵な人だなと尊敬しました。

また来て、のんびりゆっくり過ごしたいと思います。

©2017 momomomchi